スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

デザイナーズオフィス(このパーツは何でしょう)

階段 デザイナーズオフィス(このパーツは何でしょう)
この不思議なパーツは、階段の手摺りの一部です。
面白い形のパーツです。

| 設計小話 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

デザイナーズオフィス(万華鏡)

トイレ
 この万華鏡のような部屋は何でしょう。 実はデザイナーズオフィスのトイレです。 八角形の鏡張りのトイレです。 天井も壁も鏡張り。まるで万華鏡です。
| 設計小話 | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

デザイナーズオフィスの玄関ドア

玄関
デザイナーオフィスの玄関ドアです。 素材は、コールテン鋼、ステンレスヘアーライン、ステンレスの鏡面、 手作りガラスです、 コンクリート打ち放しの壁に良く似合っています。 
| 設計小話 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

設計者のひとりごと(納める、納まり、納める……)

森
 設計者のひとりごとコーナーです。
今日始めて登場です。
今までにいろいろ経験したり、思ったり、悩んだりしたことを書いていきたいですね。

建築というのは非常に多くの職種の人達が集まって、1つの建物を完成させます。

みんなが足並みを揃えて、準備をします。設計図だけでは、施工出来ないので、ゼネコンさんが施工図を書きます。

その施工図を設計者がチェックをし、さらに補足図面を書きます。

それが各メーカーさんとか、職人さんの手に渡り、製作します。

設計図というのは2次元です。設計時にいろんな事を考えながら書きますが、やっぱり紙の上の事なので、

納まらない部分も出てきます。そんな、調整が現場の打ち合わせの大部分ですね。だから、私達は納まるという言葉を一番多く使いますね。

 実際、現場の中に立つと、結構、かっこいいなー、って思うこともあります。だから、やめられないんです。

 今日の写真は富士山の裾野の森の写真です。

この森の中にどんな建物が生まれるのでしょうか。


| 設計小話 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--