スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 納豆の成分その4 | main | ブンブンブン、ハチが飛ぶ(にんじんの花) >>

納豆の成分その5

 

納豆の成分その5

ナットウキナーゼ酵素類
 納豆菌がつくりだす酵素には、たんぱく質をアミノ酸に分解する

「プロテアーゼ」

デンプン質をブドウ糖に変える「アミラーゼ」
中性脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解する「リパーゼ」、
繊維質を糖質に分解する「セルラーゼ」、
 その他に「ウレアーゼ」「パーオキシダーゼ」「カタラーゼ」「ペクチナー」等々です。 
 さらに有名な『ナットウキナーゼ』は、心筋梗塞や脳硬塞の起因となる

血栓を溶かす酵素として非常に注目されています。これは従来、
 心筋梗塞の発作時に投与されていた血栓溶解剤
「ウロキナーゼ」が30分程度の効果しかなく、
一回の投与で20〜30万円もかかっていたのに対し、
 ナットウキナーゼなら納豆100gに含まれるものだけでよく、
更に8時間も効果が持続するからです。
 
血栓を防ぐためには1日100〜200gの納豆食で良いとされています。
先にあげた「プロテアーゼ」がたんぱく質を分解する時に生成する物質が、
血圧を上げる「アンジオテンシン変換酵素」の働きを強く抑える事などもあわせて、
 納豆食が血管・心臓・血流の健康に非常に良い効果を発揮します。
ドクター

| Dr.なっと | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 22:14 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://kyonheart7.jugem.jp/trackback/83

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--